漫画・アニメ・ドラマ

『青天を衝け』2話のあらすじと感想!尾高平九郎の幼少役は誰?

吉沢亮主演『青天を衝け』1話では、渋沢栄一の子供時代を小林優仁くんが演じておりましたが、とても可愛いくて演技が素晴しかったです( *´艸`)

徳川慶喜の幼少期演じた笠松基生くんも、可愛くてイケメンでした♪

2話からは尾高平九郎の幼少役を演じる高木波留くんが登場します!

それでは、『青天を衝け』2話のあらすじと感想!尾高平九郎の幼少役は誰?をどうぞ(^^♪

 

 

大河ドラマ『青天を衝け』2話のあらすじ

 

 

栄一が父・市郎右衛門から藍の商いを、いとこである新五郎から読書を習い始めることになった。

しかし、楽しみにしていた獅子舞を舞う村祭りが、大人の事情で中止になり、がっかりした栄一はある計画を思いつく。

そして、一橋家の養子に入った七郎麻呂は、慶喜と名を改め、将軍・家慶から実の息子のように可愛いがられていた。

隠居の身の斉昭は、息子を頼みの綱に政界に返り咲こうとする。

そんな中、ペリーが日本に来航することになり…。

続きはこちらのリンクからご確認ください(^^♪
↓↓↓
>>NHK大河ドラマ【青天を衝け】

『青天を衝け』2話の感想・評判!

『青天を衝け』2話の感想・評判をまとめています!

 

 

 

 

『青天を衝け』尾高平九郎の幼少役は誰?

 

高木波瑠くんは、『テセウスの船』や『アンサング・シンデレラ』などの人気ドラマにも出演していました。

 

▼高木波瑠くんの詳しいプロフィールはコチラ▼

>>『青天を衝け』キャスト高木波留のプロフ紹介!出演ドラマ・映画は?

 

『青天を衝け』2話のあらすじと感想まとめ

栄一が計画を思いついたのは、大人の事情で中止になった村祭りを、大人の代わりに自分たちで獅子舞を舞おうという事だったんですね。

最初は呆れていた栄一の父・市郎右衛門も、最後は笑って一緒に踊っていました(≧▽≦)

尾高平九郎の幼少役を演じた高木波留くん、兄の膝の上にちょこんと座るシーンがめっちゃ可愛かったです(笑)

草彅剛演じる慶喜が、能面外した時のシーンが印象的でした。

次回の3話も楽しみですね(^^♪

 

\1話の見逃し配信はコチラ/

U-NEXT

>>過去の大河ドラマも見られます!

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

▼詳しい視聴方法はコチラの記事を参考にしてくださいね♪▼

>>U-NEXTの登録と解約は難しくない?無料登録の方法やタイミングとは?

 

ABOUT ME
桜夢
遊びに来てくださりありがとうございます♪ 桜夢(らむ)です。 このブログでは、オススメの漫画・アニメ・ドラマを紹介しています! ハンドメイドやオススメの通販商品・おうちで楽しめる趣味などを発信していきます。 少しでも皆様のお役に立てれば幸いです(*^_^*)☆彡